人気のスイーツ


ふるーつ大福

ふるーつ大福

ふるーつ大福は1993年に養老軒が発売した、和菓子のような洋菓子のような大福。

真っ白なお餅の中に、いちご・バナナ・栗・つぶあん・ホイップクリームが入っており、 口の中に含んだとたん、見事に調和した酸味と甘味が口いっぱいに広がるのが魅力です。

生地、あん、素材、そして製法。

すべてにおいて100%こだわり尽くした新時代のお菓子、養老軒自慢の大福です。

ふるーつ大福「おいしさの秘密」

ふわふわトロトロ食感の餅生地

餅生地

養老軒の大福の特長であり、ふるーつ大福が起こした「和菓子革命」の最大のポイント。

これこそ、この餅生地に他なりません。

皆さまが思い浮かべる従来の大福のお餅とは全く異なる、ふわふわでまるでマシュマロのような食感。

機械乾燥ではなく天日干しにこだわり、国産の上質な餅粉を100%使用しているため、 きめがとても細かく、なめらかな口あたりの生地を生み出しています。

初めて口にされた方は、まず皆さまこのふわふわ具合に驚かれ、 その優しい食感と、とろけるような感覚にやみつきになるのだとか。

最高の餅粉を最高の生地に仕上げる職人技についてはこちらもご覧ください。

旬のフルーツを厳選

素材

養老軒のふるーつ大福は、11月から5月までの期間限定商品。

これは、フルーツが最も美味しい旬の時期のものを皆さまに味わっていただきたいから。

11月から5月の販売期間中も、時期によって仕入れを行う品種や場所を変え、 そのとき一番おいしいフルーツを使用しています。

苺は同じ年でも時期によって産地や品種を変えて常に旬のものを選び、 バナナは早熟の段階で仕入れて、熟した直後に使用する。

そんな養老軒のフルーツへのこだわりはこちらもご覧ください。

小豆の声を聞いて炊く、自家製あん

小豆

和菓子にとって命とも言えるのが餡(あん)。

革新的なアイデアで注目されているふるーつ大福ですが、 その美味しさに安定感を与えているのが、養老軒自家製のつぶ餡です。

北海道十勝産の小豆【雅】を100%使用し、「和菓子屋・養老軒」が四十年以上培ってきた「あん炊き」の技術で、 甘みはありつつも、後味がさっぱりとした、あんを作り上げました。

北海道十勝産の小豆を使用したつぶ餡は、ちゃんと粒が残っていて皮が柔らかいのが特長。

しかも噛んだときには滑らかにつぶれてくれる、つぶ餡ならではの食感も楽しめます。

砂糖は純度の高いものを使うことで、しっかりとした甘みを感じさせつつも、 後味はさらっとしてしつこくない、甘いモノが苦手な男性でも食べやすいのが美味しさの秘密かもしれません。

養老軒のさらなる小豆(あん)へのこだわりはこちらもご覧ください。

熟練の技で包み込まれたおいしさと愛情

手作り

使用しているすべての素材にこだわっている「ふるーつ大福」ですが、 最後の仕上げともいうべきなのが、「包み」。

大ぶりのフルーツ3種とつぶ餡・ホイップクリームを、 ふわふわ食感のもち生地で包み込むのは至難の業。

機械に任せると、包む際にもち生地が固くなってしまったり、 生地の厚さがバラバラになって見栄えが悪くなったりしてしまいます。

そこで熟練の職人が、人の手の感覚と長年の経験で、素早く包み込んでいく。

こうして、柔らかくふわふわ食感なのに、中の食べごたえも抜群、 という絶妙なバランスの大福「ふるーつ大福」が誕生するのです。

愛情も込める手作り作業へのさらなるこだわりについてもご覧ください。

ふるーつ大福「誕生秘話」

「ふるーつ大福」というユニークなお菓子が誕生したのは、養老軒の女将のひらめきがきっかけ。

養老軒へ嫁いできたときにはあまり和菓子に詳しくなかった女将。

「いちご大福の中にクリームや他のフルーツも入ってたらおいしそう」

と直感したのだとか。

ところがこの発想は、それまでの和菓子職人にはありえない考えでした。

それまでの製法では、大福の中に柔らかいクリームを入れるなんて実現できるわけがなかったのです。

ですが諦めきれない女将は、「だったら生地の練り方を教えて欲しい」と 自ら研究してちょっとずつ試作品作りを開始。

女将の熱意におされて、店主や他のスタッフも一緒になって試行錯誤を重ねた結果、 従来の大福とは異なる、 『柔らかでふわふわ』とした、 でも『中には苺やバナナ・栗、そしていっぱいのクリームが詰まっている』 という夢のようなお菓子が誕生したのです。